需給面良さげな4月のIPOは要監視!資金少なめな人にとってIPOは宝の山!?

明日から4月になるわけですが、

IPOの数としてはそんなに多くはありません。

ただ、それなりに需給が良さそうなものは多く見受けられます。

完璧と呼べるものは今のところ見当たらないのですが、1.5~2倍くらい上がるものはそれなりに多いかもしれません。

ところで、なぜこのようなタイトルなのかというと、前回にも触れたある本を読んだということが少し関わっています。

というのも、資金の少ない人にとっては、資金の多い長期投資(主に配当や優待)は効率が悪いという考え方に同意するとともに、これまでに資金が少ないながらもいろいろな本を読んで、複数の手法を試したうえでIPOやイベント投資が一番効率が良いのではないかと薄々感じていたからに他なりません。

たしかに、私は現在兼業と呼べるほどではないので比較的時間があることも、短期的な取引の優位性が高まる要因ではあるのですが、短期で勝つことができると勿論資金も増えるのですが、楽天の優待で現物取引の30%の手数料ポイントバックがあるため、取引量が多いほうがさらに良いと考えたからです。

それから、なぜ資金の少ない人と書いているかというと、殆ど運用額100万円前後の自分に当てはめて書いているのですが、100万円で配当投資をするにあたって、その配当株を持っていることによっての資金拘束が、効率の面から考えて微妙ではないかと思い直して、効率よく増やすためには必要なリスクを取ることが不可欠であるという判断に至ったためであります。

特に、短期で増やすためには、よくやってはいけないと言われている集中投資をしないといけなくなるわけですが、これもイベント投資や期間を定めた投資法によってリスクの低減が図れるものと理解しております。

あとは、長期で持たないことによって、暴落した時の資産減少を回避できることが挙げられます。

割りと前にIPOに対して光明を見出していた時期もあって、調子付いていたころにマザーズショック的な連日下げが止まらない時にスイングをやっていたためにそれなりのけがを負ったので、スイングに対しては入る位置に慎重になろうということと、確信がない限りスイングは使わないでおこうということ学習しました。

なんだか、この記事を書いていて、以前書いた記事の手のひら返しのような感覚があるのですが、特に短期における投資家にとっては、根拠があって買いにはいってそれがだめだったときはすぐさまその時の自分を否定して損切りしないといけないということから、手のひら返しはむしろ積極的にやっていこうという考え方に変わりました。

そして、損をした得をしたということについて、感情を動かさないように訓練をしなければならないことを痛切に感じているこの頃であります。

目指せ「人間卒業(^ ^)/」

それではまた次回!

IPO投資での失敗とは!?銘柄選択における注意点

本日、NATTY(7674)、フレアス(7062)、日本ホスピス(7061)が3社同時上場したわけですが…

自分はその中で一番外れだったともいえる「フレアス」に初値買いで飛び込みました。

作戦としては、需給を狙ったものではあるのですが、初値が付いた後に買いが伸びる瞬間を狙って、微益利確するというものでこれまでにも使ったことがある手法ではあったのですが(; _ 😉

板を少し眺めていたら、一瞬にして売り板にKの文字が!!w

これは、瞬間的に売り(買い)注文が入りすぎた時に表示されるものではあるのですが、こうなったら売れるに売れない。。。

しかし、早く売らなければ損失は拡大するということで、モヤモヤする展開ですね。

そしてまもなくS安になり、すこしして値がついてから損切りへ。

大量に売り出しがあったわけでもなかったのですが、要因を考えるに、地合いが悪かったこと・真新しい業種ではなかったこと・3社同時上場で資金が分散したこと・引けに近い時間だったために売り急いだ展開となったことがあげられるかなと。

たしかに、そんなに初値が上がりそうな前情報でもなかったので、あれ?と疑問を抱いたのですが、構わず続行したのが運の尽きだったのかなと。

それに、NATTYも入ろうと思ったら、初値が早くつきすぎて遅れて入れなかったことや、売り出しや成り行きの多さから、日本ホスピスに入らなかったことで判断を誤ってしまったことが挙げられます。

今後は、業種的にも需給的にもより厳選したものだけで初値買いに入ろうと思います。

また、長期でと思って持っていた株についても、本日の相場において決済しました。

理由としては、ある本を読んで納得した部分があったことと、自分の資金において長期用を持つにはまだ早すぎるかなと、常々思っていたこともあって一旦リセットも兼ねて久々のノーポジとなりました。

今後は、順張り・IPOなら需給読みで妥協しないこと・イベント投資を中心に資金を固めて積極的に動いていこうと思います。

では、また動きや考察があれば随時更新していきますのでよろしくお願い致します。

本日はこれにて(^ ^)/~~

IPO3社同時上場!

明日…というかもう日付が回っているので今日のことになるのですがw

3社が上場予定となっております。その3社とは…

  • ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)
  • KHC(1451)
  • コプロ・ホールディングス(7059)

となっております。

まず、4436からですが、「みんなの株式」や「株探」において知名度としては抜群にあると言えます。ただ、売り出しの株数が公募の1.7倍もあって、公募も100万株と規模としては大きいので、初値としてはそれなりかと思います。ただ、いくら売り出しが多いからとはいえ、公募がこんなにあってある程度の初値の上昇が見受けられそうなら応募しとけば良かったなあと若干の後悔が残る程度ではあります。

次に、1451についてですが、こちらは建設関係の会社で、設立して上場までの期間が長く、公募よりも圧倒的に売り出しの方が多いこともあり、初値はほぼ上がらない若しくは公募割れの線もあるのではないかと思われます。公募割れして下げすぎたら、IPOセカンダリーで入るというのも一つの手ではありますが、触らない方が無難な気はしています。

最後に、7059についてですが、これについても建築・土木関係と真新しさがなく、売り出し数の多さから上値は重いことが予想されます。かといって公募割れするほどではないような気はしていますが、こちらも特別入ることによるメリットが感じられないため、スルー安定かなといった印象を受けます。

そんな感じで、すごくざっくりな感じにはなってしまいましたが、以上のような見解を持っていて、今回は見送るのが妥当な気がしています。初値のつき方と自分の空いている時間を見計らって、ミンカブぐらいは触ることがあるかもしれないですが、基本的には今回は”見”に徹しようと思います。

また、別の機会で保有くんたちや入れ替わったものなど話そうと思います。

では本日はこれにて(^ ^)/

銘柄分析中…株チャートのテクニカル分析手法。

テクニカル分析にイベント投資を足した手法

現在保有している銘柄は7種類。その中で長期保有目的のものは3種類です。

まず、その1つは、楽天です。これは、単純に楽天証券を使っているからということで、楽天を持っていると優待でいろいろお得になるのが大きな理由です。

もう一つは、オリックスです。これは単に配当目的で保有しています。16万円ちょっとの投資で、配当が7200円もらえるのと、優待でカタログギフトがもらえるので、ちょうど株価も一服してきたころで、トレンドに乗っての下降だとみているので、これも手放さないでおこうと思います。

3つ目は、JTです。日本たばこ産業ってやつですね!これも主に、配当&優待取りで、配当に至っては約7%もあります(o_o;)

ただ、たばこ業界に先行き不透明感があるので、減配には注意しておこうと思いますが、業績の面に関しては織り込み済みであると判断しています。また、チャートに至っては、長下ヒゲを伴った出来高の多い陽線を引いた後に下降トレンドのラインを突破しているので、下げも一段落かなと考えております。

それから、残りの4銘柄ですね!

1つは、博展です。これは、緩やかな右上がりのトレンドを週足、月足で維持していて、週足に至っては、前回調整したところよりも、上で反発し、なおかつ右上がりの下弦となる線を割っていないから良いと思いました。また、株式分割を行うことも発表され、優待と配当もあることから、少なくとも3月後半までは伸びることは、ほぼ確実ではないかと読んでおります。

2つ目は、フリューです。自分の中ではこれが一番強気なのですが、チャートに至っては、下降トレンドから、出来高大幅増の下ヒゲ陽線からの45度の右上がりになっていてすべて出来高が伴っています。また、短期移動平均線も、中長期を抜いて、これからという気はしています。そして、業績の進捗もよく、自己資本比率も頑丈、優待&配当3%もあるので鉄板な気はしています。あとは、信用残も多くはないので、仕手株的な動きの心配も今のところはなさそうです。

3つ目は、ヤマウラです。これは上昇トレンドが持続しており、月足で見ると、右上がコーヒーカップのような形になっています。これは、売りの勢力を買いが相殺し、さらに上げてやろうという需給からこのようなような形になっているものだと推測されます。また、新高値に迫ってきており、そこで反発して戻ればそんなに勢いはなく、反対に突き抜ければ青天井で買いで含み損の人がいない状況ということで、非常に見どころのある株だと考えます。

4つ目は、VTホールディングスです。これは、新たに今日追加したものですが、下降トレンドの上限ラインをわずかに突破したので、3月いっぱいくらいは調整にはいってくれるかなということと、優待&配当5%の買い圧力を期待したからです。ただ、業績の進捗はあまりよくなく、自己資本比率も弱い、に加えて毎年3月に株価上昇が見込めているわけではないので、そのあたりには警戒感があります。

まとめ

現状に至っては、このような感じでだいたい100万円ちょっとで取引をしております。いろいろ痛い目を見たこともあるため、よほどのことがない限りは、信用は使わないことにしております。というよりは、現物で勝てないのに信用で勝てるわけないと思うようになりましたw

また、これから随時、自分の分析とポジションを公開していこうと思っております。読者の方がつく頃には、立派な軌跡が作れていることを期待&目指しながら日々を綴りますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

それではこれにて(^ ^)/~~

つなさんどのテクニカル分析Lv.1

—-A Path to Success—-

このサイトでは、日々の投資記録や予測、節約術などを自由に綴ります。これはあくまでも、筆者の成功までの過程です。時には回り道や後戻りもあるかもしれませんので、お暇な方だけ生暖かい目でご覧くださいませ。

怪しいモノではないけれど正しい者でもありません

  • 筆者スペック
  • サイトの方向性
  • 現在の進捗状況
  • 運用資産額
  • まとめ

筆者スペック

まずは、スペックからですが…

投資はまだまだ初心者で、トータル損益はマイナスです(~ ~;)←これ重要

スロット打ち出身。ジャグラーという機種メインの設定狙いを研究して、年間収支ずっとプラスだから投資もいけるかなーなんて思っていましたが、甘い幻想だったようです(絶望

現在20代で二人のパパ。にもかかわらず、転職活動真っ最中という謎…

家族の為にもしっかりと増やさなきゃね☆

サイトの方向性

これから投資のお勉強をたくさんして、成り上がる様子(希望的観測)を綴っていきます。

また、投資に限らずともお金関係についてメインに記述しようと思っております。

投資の場合は、なぜその銘柄を選んだのかということや、日々の収支、買った銘柄や打った銘柄などを記述していきます。日によっては、節約術やスロットなどでの収支もはさんでいこうと思います。

現在の進捗状況

まだまだ、お金に関して考え始めてから日が浅い(1年半くらい?)ので、いろいろと実践しつつ知識をつけている段階です。

読んでいる本だったり、いい情報があれば公開するように致します。

現在、投資においての手段として用いているのは、テクニカル分析とIPOセカンダリー、イベント投資などです。

またいろいろとやり方に変更があるかとは思いますが、勝つために日々研鑽しているので、日にちが近い投稿のやり方が正しいらしい可能性は高くなります。

これは!と思う方法があれば参考程度にしていただけたら幸いです。

運用資産額

特にこれと決めてやっているわけではないですが、基本的に現状においては約100万円が目安となっています。

場合によって、ポジションを増やしたり減らしたりするので、額は変わってくるものですが、増えたら増えたなりに考えてやります。

まとめ

以上が簡単な紹介となります。投資に加えて、Webページを作るのも始めたばかりなので、読みづらい点もあるかとは思いますが、そのようなときは気軽に言っていただけたらと思います。

では、また次の記事にて( ^ ^)/~~