銘柄分析中…株チャートのテクニカル分析手法。

テクニカル分析にイベント投資を足した手法

現在保有している銘柄は7種類。その中で長期保有目的のものは3種類です。

まず、その1つは、楽天です。これは、単純に楽天証券を使っているからということで、楽天を持っていると優待でいろいろお得になるのが大きな理由です。

もう一つは、オリックスです。これは単に配当目的で保有しています。16万円ちょっとの投資で、配当が7200円もらえるのと、優待でカタログギフトがもらえるので、ちょうど株価も一服してきたころで、トレンドに乗っての下降だとみているので、これも手放さないでおこうと思います。

3つ目は、JTです。日本たばこ産業ってやつですね!これも主に、配当&優待取りで、配当に至っては約7%もあります(o_o;)

ただ、たばこ業界に先行き不透明感があるので、減配には注意しておこうと思いますが、業績の面に関しては織り込み済みであると判断しています。また、チャートに至っては、長下ヒゲを伴った出来高の多い陽線を引いた後に下降トレンドのラインを突破しているので、下げも一段落かなと考えております。

それから、残りの4銘柄ですね!

1つは、博展です。これは、緩やかな右上がりのトレンドを週足、月足で維持していて、週足に至っては、前回調整したところよりも、上で反発し、なおかつ右上がりの下弦となる線を割っていないから良いと思いました。また、株式分割を行うことも発表され、優待と配当もあることから、少なくとも3月後半までは伸びることは、ほぼ確実ではないかと読んでおります。

2つ目は、フリューです。自分の中ではこれが一番強気なのですが、チャートに至っては、下降トレンドから、出来高大幅増の下ヒゲ陽線からの45度の右上がりになっていてすべて出来高が伴っています。また、短期移動平均線も、中長期を抜いて、これからという気はしています。そして、業績の進捗もよく、自己資本比率も頑丈、優待&配当3%もあるので鉄板な気はしています。あとは、信用残も多くはないので、仕手株的な動きの心配も今のところはなさそうです。

3つ目は、ヤマウラです。これは上昇トレンドが持続しており、月足で見ると、右上がコーヒーカップのような形になっています。これは、売りの勢力を買いが相殺し、さらに上げてやろうという需給からこのようなような形になっているものだと推測されます。また、新高値に迫ってきており、そこで反発して戻ればそんなに勢いはなく、反対に突き抜ければ青天井で買いで含み損の人がいない状況ということで、非常に見どころのある株だと考えます。

4つ目は、VTホールディングスです。これは、新たに今日追加したものですが、下降トレンドの上限ラインをわずかに突破したので、3月いっぱいくらいは調整にはいってくれるかなということと、優待&配当5%の買い圧力を期待したからです。ただ、業績の進捗はあまりよくなく、自己資本比率も弱い、に加えて毎年3月に株価上昇が見込めているわけではないので、そのあたりには警戒感があります。

まとめ

現状に至っては、このような感じでだいたい100万円ちょっとで取引をしております。いろいろ痛い目を見たこともあるため、よほどのことがない限りは、信用は使わないことにしております。というよりは、現物で勝てないのに信用で勝てるわけないと思うようになりましたw

また、これから随時、自分の分析とポジションを公開していこうと思っております。読者の方がつく頃には、立派な軌跡が作れていることを期待&目指しながら日々を綴りますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

それではこれにて(^ ^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です