IPOはリスクなしの宝くじ!?

2020年1月26日

IPOってなんなの?というところから解説しておきますね。

IPOというのは、Initial Public Offeringの略で「新規公開株式」という意味合いではあるのですが、この株式が上場する際に抽選で配布される値段がまだ上がっていない状態の株が「宝くじ」みたいなものなんです!

?「それって安全なの?」

私「安全です。ただし、抽選に当選しなければ株は配布されません。」

はい。等しく言うなら当選しなければお金が増えないということですね。

ただ、宝くじと違う所といえば宝くじは1枚300円だったり抽選を受けるのにお金が必要となりますが、IPOの抽選で手数料をとられるということはありません。

つまり、リスクなしの宝くじッ!!!

?「その株って絶対上がるの?」

私「たしかにそこが気になりますよね。」

私「少しだけ知識があれば必ず上がるやつだけ選べます。」

?「知識を得るってなんか難しそう・・・」

私「いいえ、私(26歳バイト戦士)でも出来たので大丈夫です!」

私は、IPOの抽選で頑張るというよりかはむしろ株価が上がって値段が付いた後の値動きを追ったりするわけですが、どちらの場合でも情報を得るために便利なサイトを下記に貼っておきますね。

https://kabuzuki.com/

そのページに飛んだらいくつか銘柄が羅列されていて、詳細ページというボタンをクリックするとその会社の様々な情報を見ることが出来ます。

見るべきポイントとしては

  • 公募・売出の株数(両方株数50万株以内で公募>売出)
  • 業績が伸びてきている
  • テーマが食事や衣料など地味でなくITや医療等これからの時代のもの
  • 大株主の欄を見てVC(ベンチャーキャピタル)と書いていないもの
  • できれば下の方のメモ欄にSO(ストックオプション)と書いていないもの

正直なところこのあたりをみておけば間違いありません。

ただ、配布される株数が少ないということは当選もしづらいということなのでそのあたりは本当に宝くじって感じです。笑

特に、証券会社によって割り当てられる株数も毎回変わるわけですが、自分の使っている証券会社の割り当て数が少なければ少ないほど当たりづらいことになります。

私は、楽天証券を使っているのですが、IPOの抽選は全然強くないのでまるであたりません。笑

IPOの抽選だけを目当てとするならSBI証券やマネックス証券、SMBC証券など割り当て数が多くなりがちな証券会社を利用することをおすすめします。

あ、証券口座を開設していないとIPOの抽選は受けられないのでやっていない方はまずはそこからですね(^ ^)b

初心者の方におすすめといわれているのがSBI証券や楽天証券ですので、IPOの抽選狙いであればSBI証券を使うのがよろしいかと思います。

IPOの抽選に外れればポイントがたまって次回の抽選で使えば当選確率が上がるという制度もSBI証券の魅力ですね。

ポイ活しているかたとかは口座開設の時に、ポイントサイトを経由するとポイントももらえて口座開設できるというメリットがありますのでおすすめですよ☆彡

では本日はこれにて(^ ^)/