リスクの低い投資信託の選び方【2020年2月更新】

2020年2月5日

リスクの低い投資信託ってどうやって選べばいいんだろう?

手数料に着目すると良いのですよ。

手数料に注目する

low-risk-investment-trust

投資信託をしたことはないけど興味がある、やってみたいけどわからないという方は実際多いみたいですね。

たしかに投資信託を始める段階では、なにからやっていいのかわかりづらいですよね。

それに、選択肢が多すぎてどれをえらんでいいのかわからないという疑問もあるかと思います。

ただ、「なにもわかんないからとりあえず銀行か証券会社いこ・・・」←これは危険っ!!

私も最初のころ、何か別の用事で郵便局を訪れていたのですがたまたま並んでいる最中に、よかったらどうぞということで投資信託のチラシを貰いました。

そして、、、

「時間あるからちょっと聞いてみようかな」と、気軽な気持ちで話を聞くことに。

すると、リスクを取りたくない人は○○で、多少のリスクを取りつつもリターンを得たい人にはREITがあって、、、と説明をされて

若干悩んだ末、値動きの理屈を把握しきれなかったため結局申し込まなかったのですが、今思い返してみるととても怖いことだと感じます。

なぜなら、知識を付けた今の段階で良いなと思う種類のものが当時の説明の中では一切出てこなかったからです!

じゃあどういうのを買うのっていうことですが、実際に自分が持っているものは下の方に記述しておきますね。

ただ、あくまでも投資判断は個人で行ってくださいね☆彡

詳細につきましては、下記の動画がわかりやすいのではないかと思って貼っておりますが、あの人たちは自分の利益しか考えていないことが明白となりました。

はい、この動画ですねw

こちらの動画は、私がある程度投資信託を理解した後に見たものですが、むしろ勉強する前にこれに出会えてたら早かったなあと感じました。笑

実際に私も保険や学資保険は親に入らされていたのですが、こちらはきちんと解約させていただきましたw

保有している投資信託

私の思うところ、「先進国株式・先進国債券」この二つを持っておけばインフレや暴落局面どちらにも対応できて良いのではないかと思います。

なぜ先進国なのかというと、それ以外の国は経済的に安定していないため、経済成長の右肩上がりになる信頼性が低いため、長期的な投資とは相性が悪いと考えているから。

特に持っているのは動画でもあったインデックスファンドなので、○○の先進国が少し調子悪くても△△の方が上がっていればリスク相殺できる部分もありますし、先進国はこれから5GやIoTの時代に突入すると経済発展が加速すると推測できます。

また、債券を持つのは人は上昇時よりも下落時の方が恐怖を感じやすく、債券は株が下落したときに上がる性質をもっていますが、上昇時においても急落したときのことを考えて債券を手放す人は多くないから。

ですので、自分は一定額をこの二つに振り分けつつ残りの資金を使って日本の個別株を触っております。

ちなみに詳細としてはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスとたわらノーロード 先進国債券です。

まとめ

手数料に気を付けよう!

とにかくこれですね。

投資する額が大きくないうちは手数料比率もそれほど気はならないのかもしれませんが、基本的に投資信託は積み立てていくものなのでそのうち響いてくるようになります。

100万円投資してて手数料1%だと1万円になるので、年利-1%みたいなものですからね…

あとは、一応割と長い間自分の大事なお金を積み立てていくものとなるので、多少の根拠をもってこういう理由があるからこれを買うんだ!と決めておいたほうが気持ち的にもよいのではないかと存じます。

それではこれにて(^ ^)/~~