風邪も落ち着き更新再開。決算の考え方やIPO空白期間の狙いどころとは!?

風邪+喘息によりなかなか更新できなくて申し訳ない(+_+;)

今回は、決算の考え方や4月24日のIPOまでの空白時においての銘柄選択やその根拠、今後の動き方などを書いていこうと思います。

まず、皆さんもご存知のことかとは思いますが、決算跨ぎについて業績が良いから株価が上がる・業績が悪いから株価が下がるという単純なものではないことが言えるかと思います。

最近のものを例にとるなら、UUUM(3990)の業績の進捗は良かったにもかかわらず、通期の業績予想を上方修正せずに据え置いたために大幅な株価の下落を招いてしまった件が挙げられます。また、悪決算でも悪材料出尽くしということで、大幅に株価が上昇するというケースも観測されます。

これに関してどう考えるかというと、正直なところ新規上場してすぐのものでなければ決算については跨ぐことを禁止すべきであると考えています。綿密なる分析をして上がる可能性が90%以上と踏んでいるなら勝負をしてもいいかもしれませんが、基本的には私などの弱小投資家においては被弾する確率の方が高いために、統計的には負け越す確率が高いからです。

ただ、新規上場のものについていえば少し話は違います。これらは、業績の進捗というのは少し調べるとわかるもので、そこから業績の上方修正が出るかどうかということもある程度は予測ができます。それに、上場して間もないものであれば基本的には上方修正は好感されて株価が上がるという単純な仕組みであるからです。

故に、上場して1年経っていないもので上方修正の期待が高いものは積極的に狙っていっていいもの考えています。

それから、次のIPO空白期間における狙い目ですが、基本的には短期間において明らかに下げすぎているものを狙います。今回の場合は、KHC(1451)についてですが、東2という不人気な位置であるものの3月に上場してまだ間もないのに既に15%ほど下がっていて且つまだ循環物色的な動きが見えていない、さらに配当が5%取れる位置まで落ちてきている低位株(個人的には値嵩株のほうが大口には好まれると思っていますが)ということである程度の資金はそろそろ集まるのではないかと思っています。

そもそも、公募価格自体が割安な水準で決定されるものということを念頭に置いて、公募を割った後にさらに大幅に落ちて現在の水準で下げ止まっているので、ここらが底値ではないかという見方もしています。

あと、もうひとつはピアラ(7044)です。12月に上場して6100円ちょっとの高値を付けたのちにそこから継続的に下げてきて現在2746円となっています。下落率で言えば、約55%の水準となっています。業績の進捗も好調で目立って好かれるような業種ではないですが、大体は大幅な地合いの悪化がない限りは特段業績の悪い企業や見通しの暗いものでない限りは下げても60%前後が限度だと考えています。

ちなみに体験談ですが、連日日経が600円とか900円とか当たり前のように下げていた時は、個人的な良銘柄でも約64%程まで下がって被弾しましたw

そのときは、ロットの管理も上手くはできていなかったのですが、今ではその時に買い増していた水準よりも上に行っているので、まあそんな珍しいことがない限りは利益が取れるかと思っています。

あとは、これらを持ちつつ、4月後半のIPOに備えたいと思います。状況によっては入らないということもあるかもしれないので、確実に1枚以上は入れる余力を残しつつ様子を見たいと思います。また、GWという大型連休に入るのでその前にいろいろ調べて、休み明け後の銘柄の動きを先取りできたらいいなと思っています。

では本日はこれにて(^ ^)/~~

IPOの空白期間に対してはどういう戦術を用いるか。イベント投資か循環狙いか検証が必要。

今日の上場銘柄ヴィッツ(4440)の勢いはすごかったですね。

さて、この前の経験を活かし、ストップ高で張り付いてしまったので前場にてヴィッツを投げたわけですが、今後のIPO空白期間においてどのように立ち回るかを考えていきたいと思います。

基本的に、柱としようとしているのはIPO1年以内の銘柄に対しての循環物色狙いか優待先回り買いのイベント投資です。

ただ、どちらの方がより効率的かということについては、まだ、私の経験が浅いこともあって十分な確証が得られていないのは事実ですが、優位性があるのは間違いないことですからどちらも個人投資家としては有用であると考えています。

ひとまず、値幅の動き方で考えると、IPOの方が大きく売り時もあがあった時だとはっきりしているため、短期間で大きく狙えるというメリットがあります。しかし、デメリットとしてはいつ循環物色の波が来るかがわからないということで保有期間はそれに左右されるようになってしまいます。

一方、優待イベント投資については保有期間は優待の権利確定日までのどこかしらで売ってしまえばいいので、期間としては明々白々です。しかし、値幅がそんなに大きくないであろうこと(優待狙いのクロス売りが合わせてはいるから)が言えます。

ということで、今後どちらをやれば良いかということを検証するため、優待の狙い銘柄や循環物色のねらい目などを順次あげていこうと思います。また、買おうと思っていた位置から実際にとれた値幅がどのくらいかということも載せていけたらいいなと思っています。

ただ、あくまでもこちらはサブ的に運用する方法として取っておいて、メインはIPOの上場してすぐのセカンダリーで入るのが最も良いのではないかと現在考えているため、狙い目のIPOが上場するにあたって資金を確保しておきたいときに、まだ上がっていない循環物色やイベント投資銘柄を手放すことは往々にしてあるかと思いますのでその点はご了承いただけたらと思います。

伸るか反るか。。。

それではまた(^ ^)/

4月24日上場のハウテレビジョンについて。需給は良好だが就職・転職というのはテーマ性としてどうか。

4月24日上場予定のハウテレビジョン(7064)について書いておきますね。

詳細リストとしては、

  • 2010年設立で勢いはある
  • 公募22万株、売出9.6万株(OAは4.7万株)
  • 業績も赤字の期間を乗り越えて順調に成長
  • VCはなく、SOも1.1万株と圧倒的に少ない
  • 大株主にも180日間の十分なロックアップがかかっている
  • 吸収金額は4.3億、時価総額は14.7億と小規模で値の動きやすい軽さ
  • 就職・転職という人気化しやすいテーマではないのがどうか

だいたいはこんな感じです。

需給的に言えば、公募>売出の図式が成り立つのが良くて、尚且つ公募が約50万株以内の小規模なIPOが初値が高騰しやすいようです。

ちなみに、OR(オファリングレシオ)という指標もあって、発行済み株式数に対してどの程度を市場に流し込むかというもので、これが高いと市場で消化しきれないために上値が重くなる傾向があるようです。適正基準は20%±5%くらいで、最近はOR高めの企業の上場が多いようですね。同社については29.7%と少し高めではありますが、ある程度上がる要素がそろっているので、ここはあまり気にしなくてもよいかと思われます。

自分は基本的に楽天証券しか使っていないので、BB(ブックビルディング)から入って、その後抽選に応募してということは殆どないのですが、ほかの証券会社も利用されている方は初値が上がる条件がある程度揃っているIPOに対しては積極的に応募してもいいかもしれないですね。

ちなみに、応募するにあたって、殆どの証券会社はその公開価格の資金が口座にあることが前提となり、抽選中については資金が拘束されることになるのでその点には注意していただけたらと思います。

私個人としては、最近はIPOセカンダリーを主力としようかと思っているので、状況次第では初値からの上髭を抜こうかと思いますが、現状ではまだ思考段階です。

それから、また時間があれば詳細は載せようかと思いますが、4月25日に2社同時上場予定でそのうちの一つのトビラシステムズ(4441)が割と注目を集めているということで資金の入り方が限定的になる可能性も微レ存だと推測します。まあ、基本的には日程がずれているから問題ないとは思いますが(~o~;)

あと、余談ではありますが日によっては、イベント投資として優待先買いの銘柄分析についても随時上げていこうかと思いますので、興味のある方はご覧ください。

では今回はこれにて(^ ^)/~~

4月8日上場予定のヴィッツはどんな銘柄か。ポジ解消して余力増やしてまで望む価値はあるのか!?

銘柄に肩入れしすぎるのは良くないというのが、私の見解ですのであくまでも客観的に見てこの銘柄の初値は上がるとみていて、セカンダリーで入るために資金を温存しています。

とりあえず、初値が上がる理由を書いておきますね(^ ^)

  • 設立から約20年でそんなに古い企業でもない
  • 公募34万株、売り出し6万株(OAも同じ)と圧倒的に需給環境が良い
  • VC(ベンチャーキャピタル)やSO(ストックオプション)の売り圧がない
  • 業績の推移も至極堅調
  • 吸収金額、時価総額ともに小さい
  • ORも高くない
  • 値嵩株
  • 自動運転というテーマ性がある
  • 上場日に競合がいない

大体はこんな感じですかね。

基本的には、初日は初値が付かず上場2日目にして初値が付くものと予想されます。

そうすると、公開価格が2650円で2.2倍上げたとしても5830円

即金規制がかかると現物取引のみとなるので、それを2単元買おうと思うと120万くらいいるんですよね(+o+;)

それを見越しての現在ノーポジというわけです。

予想通りにいくかどうかは実際にわからないですが、初値が高騰することだけは確実だと思います。

戦略としては、初日に初値が付くことはないと思いますが、一応だいぶ上の方で指値を入れておいて、拾ったらデイトレをする。

もし、予定通り2日目に初値が付くなら、即金規制で入り。

その他の選択肢なら様子見といったところでしょうか。

いずれにせよ熱い銘柄ですね($v$)

それでは今回はこれにて(^ ^)/~~

短期投資という可能性について。100万円の使い方を考える。

今回はチャートがどうこうということはなく、普段考えていることを書いてみました。

約100万円を運用資金としているごく普通の人にとって(あくまでも自分がその例ですがw)どのような運用方法が効率が良いのかということについて考えました。

ただ、現時点の考えは今後の展開によっては変わる可能性があることをご了承ください。

最近の動向としては、基本的に無意味にポジションを取ることは控えて、熱い銘柄がIPOで上場するときに資金を固めるようにしています。

例にとると、上場日に初値がつかなかったエードットに対して、上場二日目に初値が付いたときに、セカンダリー戦略で入ろうと思っていたのですが、この時点でノーポジだったために2単元買うことができました。

これまでだと、長期用で持っているものや循環物色狙いで持っているものなどで、手持ちを圧迫している状態で1単元しか買えないことが多かったのですが、こうすることで資金効率を上げられるのではないかとようやく思いつきました。

なにやらポジポジ病で何かしら持っていないと気が済まなかったのかもしれません。

ただ、上場日程を鑑みて熱い銘柄が控えている場合には資金を温存するようにし、そうでない場合には持っていても仕方ないので、出来高のついている銘柄に飛び込むor上場トレンドで順張りするorIPOセカンダリーで短期的に売買をするというような選択肢になるかと思います。

もしくは、優位性があればいつものイベント投資も混ぜていこうと思っています。

この手法が正しいのかどうかは収支で明らかになるので、しばらく静観していただけたらと思いますw

今回のエードットに限った話で言えば、2917円で200株持っていたものが次の日には値が付かずS高。

この時点で売り抜けるという選択肢もあったし、PTSにて半分だけ処分して100株だけ持ち越すという選択もできたのですが、勉強も兼ねてということで全持越し。

すると…

次の日はS安張り付きから始まり、せっかくの10万の利益が飛んだかなあと思っていたのですが、成り行きで寄り売りしていたのが3105円にて刺さって、それなりに利益を取ることができました。

即金規制の翌日S高で引けてPTSも弱気で引けた分については翌日S安で始まることが多いという情報もPTS終わってから知ったので、そのあたりは肝に銘じておこうと思いました。

ところで、メシマズ情報だけのせてもアレなのでメシウマ情報も。

4月3日に上場した東名については、初値から(よく上髭をつけるから)利益を少しだけ抜こうかなと思って指値で入ったのですが、上髭をつけるどころか損益分岐点にちらっと触れただけで下がり基調だったので即損切りしましたw

また、本日も下がりすぎ銘柄としてブリッジとアル―を一瞬持ったのですが、8日上場予定のヴィッツのために資金を残しておこうと思いなおして、微下げで即損切りしましたw

考えなおしたら「逃げ足早く」ということと「優位性」ということをテーマとして、あくまでも冷静に相場を見ていこうと思います。

では本日はこれにて(^ ^)/~~

需給面良さげな4月のIPOは要監視!資金少なめな人にとってIPOは宝の山!?

明日から4月になるわけですが、

IPOの数としてはそんなに多くはありません。

ただ、それなりに需給が良さそうなものは多く見受けられます。

完璧と呼べるものは今のところ見当たらないのですが、1.5~2倍くらい上がるものはそれなりに多いかもしれません。

ところで、なぜこのようなタイトルなのかというと、前回にも触れたある本を読んだということが少し関わっています。

というのも、資金の少ない人にとっては、資金の多い長期投資(主に配当や優待)は効率が悪いという考え方に同意するとともに、これまでに資金が少ないながらもいろいろな本を読んで、複数の手法を試したうえでIPOやイベント投資が一番効率が良いのではないかと薄々感じていたからに他なりません。

たしかに、私は現在兼業と呼べるほどではないので比較的時間があることも、短期的な取引の優位性が高まる要因ではあるのですが、短期で勝つことができると勿論資金も増えるのですが、楽天の優待で現物取引の30%の手数料ポイントバックがあるため、取引量が多いほうがさらに良いと考えたからです。

それから、なぜ資金の少ない人と書いているかというと、殆ど運用額100万円前後の自分に当てはめて書いているのですが、100万円で配当投資をするにあたって、その配当株を持っていることによっての資金拘束が、効率の面から考えて微妙ではないかと思い直して、効率よく増やすためには必要なリスクを取ることが不可欠であるという判断に至ったためであります。

特に、短期で増やすためには、よくやってはいけないと言われている集中投資をしないといけなくなるわけですが、これもイベント投資や期間を定めた投資法によってリスクの低減が図れるものと理解しております。

あとは、長期で持たないことによって、暴落した時の資産減少を回避できることが挙げられます。

割りと前にIPOに対して光明を見出していた時期もあって、調子付いていたころにマザーズショック的な連日下げが止まらない時にスイングをやっていたためにそれなりのけがを負ったので、スイングに対しては入る位置に慎重になろうということと、確信がない限りスイングは使わないでおこうということ学習しました。

なんだか、この記事を書いていて、以前書いた記事の手のひら返しのような感覚があるのですが、特に短期における投資家にとっては、根拠があって買いにはいってそれがだめだったときはすぐさまその時の自分を否定して損切りしないといけないということから、手のひら返しはむしろ積極的にやっていこうという考え方に変わりました。

そして、損をした得をしたということについて、感情を動かさないように訓練をしなければならないことを痛切に感じているこの頃であります。

目指せ「人間卒業(^ ^)/」

それではまた次回!

IPO投資での失敗とは!?銘柄選択における注意点

本日、NATTY(7674)、フレアス(7062)、日本ホスピス(7061)が3社同時上場したわけですが…

自分はその中で一番外れだったともいえる「フレアス」に初値買いで飛び込みました。

作戦としては、需給を狙ったものではあるのですが、初値が付いた後に買いが伸びる瞬間を狙って、微益利確するというものでこれまでにも使ったことがある手法ではあったのですが(; _ 😉

板を少し眺めていたら、一瞬にして売り板にKの文字が!!w

これは、瞬間的に売り(買い)注文が入りすぎた時に表示されるものではあるのですが、こうなったら売れるに売れない。。。

しかし、早く売らなければ損失は拡大するということで、モヤモヤする展開ですね。

そしてまもなくS安になり、すこしして値がついてから損切りへ。

大量に売り出しがあったわけでもなかったのですが、要因を考えるに、地合いが悪かったこと・真新しい業種ではなかったこと・3社同時上場で資金が分散したこと・引けに近い時間だったために売り急いだ展開となったことがあげられるかなと。

たしかに、そんなに初値が上がりそうな前情報でもなかったので、あれ?と疑問を抱いたのですが、構わず続行したのが運の尽きだったのかなと。

それに、NATTYも入ろうと思ったら、初値が早くつきすぎて遅れて入れなかったことや、売り出しや成り行きの多さから、日本ホスピスに入らなかったことで判断を誤ってしまったことが挙げられます。

今後は、業種的にも需給的にもより厳選したものだけで初値買いに入ろうと思います。

また、長期でと思って持っていた株についても、本日の相場において決済しました。

理由としては、ある本を読んで納得した部分があったことと、自分の資金において長期用を持つにはまだ早すぎるかなと、常々思っていたこともあって一旦リセットも兼ねて久々のノーポジとなりました。

今後は、順張り・IPOなら需給読みで妥協しないこと・イベント投資を中心に資金を固めて積極的に動いていこうと思います。

では、また動きや考察があれば随時更新していきますのでよろしくお願い致します。

本日はこれにて(^ ^)/~~

IPO3社同時上場!

明日…というかもう日付が回っているので今日のことになるのですがw

3社が上場予定となっております。その3社とは…

  • ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)
  • KHC(1451)
  • コプロ・ホールディングス(7059)

となっております。

まず、4436からですが、「みんなの株式」や「株探」において知名度としては抜群にあると言えます。ただ、売り出しの株数が公募の1.7倍もあって、公募も100万株と規模としては大きいので、初値としてはそれなりかと思います。ただ、いくら売り出しが多いからとはいえ、公募がこんなにあってある程度の初値の上昇が見受けられそうなら応募しとけば良かったなあと若干の後悔が残る程度ではあります。

次に、1451についてですが、こちらは建設関係の会社で、設立して上場までの期間が長く、公募よりも圧倒的に売り出しの方が多いこともあり、初値はほぼ上がらない若しくは公募割れの線もあるのではないかと思われます。公募割れして下げすぎたら、IPOセカンダリーで入るというのも一つの手ではありますが、触らない方が無難な気はしています。

最後に、7059についてですが、これについても建築・土木関係と真新しさがなく、売り出し数の多さから上値は重いことが予想されます。かといって公募割れするほどではないような気はしていますが、こちらも特別入ることによるメリットが感じられないため、スルー安定かなといった印象を受けます。

そんな感じで、すごくざっくりな感じにはなってしまいましたが、以上のような見解を持っていて、今回は見送るのが妥当な気がしています。初値のつき方と自分の空いている時間を見計らって、ミンカブぐらいは触ることがあるかもしれないですが、基本的には今回は”見”に徹しようと思います。

また、別の機会で保有くんたちや入れ替わったものなど話そうと思います。

では本日はこれにて(^ ^)/

銘柄分析中…株チャートのテクニカル分析手法。

テクニカル分析にイベント投資を足した手法

現在保有している銘柄は7種類。その中で長期保有目的のものは3種類です。

まず、その1つは、楽天です。これは、単純に楽天証券を使っているからということで、楽天を持っていると優待でいろいろお得になるのが大きな理由です。

もう一つは、オリックスです。これは単に配当目的で保有しています。16万円ちょっとの投資で、配当が7200円もらえるのと、優待でカタログギフトがもらえるので、ちょうど株価も一服してきたころで、トレンドに乗っての下降だとみているので、これも手放さないでおこうと思います。

3つ目は、JTです。日本たばこ産業ってやつですね!これも主に、配当&優待取りで、配当に至っては約7%もあります(o_o;)

ただ、たばこ業界に先行き不透明感があるので、減配には注意しておこうと思いますが、業績の面に関しては織り込み済みであると判断しています。また、チャートに至っては、長下ヒゲを伴った出来高の多い陽線を引いた後に下降トレンドのラインを突破しているので、下げも一段落かなと考えております。

それから、残りの4銘柄ですね!

1つは、博展です。これは、緩やかな右上がりのトレンドを週足、月足で維持していて、週足に至っては、前回調整したところよりも、上で反発し、なおかつ右上がりの下弦となる線を割っていないから良いと思いました。また、株式分割を行うことも発表され、優待と配当もあることから、少なくとも3月後半までは伸びることは、ほぼ確実ではないかと読んでおります。

2つ目は、フリューです。自分の中ではこれが一番強気なのですが、チャートに至っては、下降トレンドから、出来高大幅増の下ヒゲ陽線からの45度の右上がりになっていてすべて出来高が伴っています。また、短期移動平均線も、中長期を抜いて、これからという気はしています。そして、業績の進捗もよく、自己資本比率も頑丈、優待&配当3%もあるので鉄板な気はしています。あとは、信用残も多くはないので、仕手株的な動きの心配も今のところはなさそうです。

3つ目は、ヤマウラです。これは上昇トレンドが持続しており、月足で見ると、右上がコーヒーカップのような形になっています。これは、売りの勢力を買いが相殺し、さらに上げてやろうという需給からこのようなような形になっているものだと推測されます。また、新高値に迫ってきており、そこで反発して戻ればそんなに勢いはなく、反対に突き抜ければ青天井で買いで含み損の人がいない状況ということで、非常に見どころのある株だと考えます。

4つ目は、VTホールディングスです。これは、新たに今日追加したものですが、下降トレンドの上限ラインをわずかに突破したので、3月いっぱいくらいは調整にはいってくれるかなということと、優待&配当5%の買い圧力を期待したからです。ただ、業績の進捗はあまりよくなく、自己資本比率も弱い、に加えて毎年3月に株価上昇が見込めているわけではないので、そのあたりには警戒感があります。

まとめ

現状に至っては、このような感じでだいたい100万円ちょっとで取引をしております。いろいろ痛い目を見たこともあるため、よほどのことがない限りは、信用は使わないことにしております。というよりは、現物で勝てないのに信用で勝てるわけないと思うようになりましたw

また、これから随時、自分の分析とポジションを公開していこうと思っております。読者の方がつく頃には、立派な軌跡が作れていることを期待&目指しながら日々を綴りますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

それではこれにて(^ ^)/~~

つなさんどのテクニカル分析Lv.1

—-A Path to Success—-

このサイトでは、日々の投資記録や予測、節約術などを自由に綴ります。これはあくまでも、筆者の成功までの過程です。時には回り道や後戻りもあるかもしれませんので、お暇な方だけ生暖かい目でご覧くださいませ。

怪しいモノではないけれど正しい者でもありません

  • 筆者スペック
  • サイトの方向性
  • 現在の進捗状況
  • 運用資産額
  • まとめ

筆者スペック

まずは、スペックからですが…

投資はまだまだ初心者で、トータル損益はマイナスです(~ ~;)←これ重要

スロット打ち出身。ジャグラーという機種メインの設定狙いを研究して、年間収支ずっとプラスだから投資もいけるかなーなんて思っていましたが、甘い幻想だったようです(絶望

現在20代で二人のパパ。にもかかわらず、転職活動真っ最中という謎…

家族の為にもしっかりと増やさなきゃね☆

サイトの方向性

これから投資のお勉強をたくさんして、成り上がる様子(希望的観測)を綴っていきます。

また、投資に限らずともお金関係についてメインに記述しようと思っております。

投資の場合は、なぜその銘柄を選んだのかということや、日々の収支、買った銘柄や打った銘柄などを記述していきます。日によっては、節約術やスロットなどでの収支もはさんでいこうと思います。

現在の進捗状況

まだまだ、お金に関して考え始めてから日が浅い(1年半くらい?)ので、いろいろと実践しつつ知識をつけている段階です。

読んでいる本だったり、いい情報があれば公開するように致します。

現在、投資においての手段として用いているのは、テクニカル分析とIPOセカンダリー、イベント投資などです。

またいろいろとやり方に変更があるかとは思いますが、勝つために日々研鑽しているので、日にちが近い投稿のやり方が正しいらしい可能性は高くなります。

これは!と思う方法があれば参考程度にしていただけたら幸いです。

運用資産額

特にこれと決めてやっているわけではないですが、基本的に現状においては約100万円が目安となっています。

場合によって、ポジションを増やしたり減らしたりするので、額は変わってくるものですが、増えたら増えたなりに考えてやります。

まとめ

以上が簡単な紹介となります。投資に加えて、Webページを作るのも始めたばかりなので、読みづらい点もあるかとは思いますが、そのようなときは気軽に言っていただけたらと思います。

では、また次の記事にて( ^ ^)/~~